こんにちわ、最近はゲームしかしていないanです

今回もそれ関連の記事。

FPSにハマると音源などにこだわりたくなりますよね。

でもググってもエセ記事ばかり。

ガジェオタエンジニア視点で真実をまとめ、最高音源環境を目指したいと思います。

Sponsored Link - Powered by Google.

前提知識

この記事をご覧になってくださる方は、あまり詳しくないと思うので、簡単に説明します。

ゲーミングヘッドセットは90%嘘

よく聞く5.1ch対応!とかです。

簡単に言うとヘッドホンは2chです。

amazonで売っている5.1ch対応 7.1ch対応!とか、激安中華ヘッドセットは嘘です。

まあ半分本当でもあるんだけど嘘ですね。素人だましてます。

チャンネル数っていうのは要するにスピーカーの数だと思ってください。

こんな感じでスピーカー5個とサブウーファ(SW)1個で5.1chです。

ちなみにFLとFRだけだと2chになります。そして現状ヘッドホンの9.9割は2chです。

半分の本当というのは、バーチャルサラウンドと言って2ch音源を仮想的に5.1・7.1chにしてくれる機械があります。

結局2chなので、ヘッドセットで再生できるので、「5.1ch対応 7.1ch対応!」とか言ってるんです。

ちなみにサラウンド非対応なんて無いです。次章ではサラウンドについて。

AstroのA40 TRとMix Amp Pro TR とかでは物足りない

調べると一番に出てくると思います。

これは何かと言うとPS4をUSBで繋いで高音質で音を聞けるアンプというもの。

2ch音源を5.1chに仮想的にアップグレードしてくれます。(あくまで2ch)

ちなみに言うとUSBで転送できる音源は2chが仕組み上の最高値です。

安いので試して見ましたが、本物のアンプと仮想音源を比べるとおもちゃですかね。。

アフィリエイトYoutuberなんかは騙すように宣伝してますが。笑

簡単ですもんね。

Sponsored Link - Powered by Google.

最高の音響環境は?

そこまでディスるならあなたの環境は?と言う点。

まず、USBから音源を取れると言うのが無謀という点を前章より理解していただけたかと。

ちなみにPS4コントローラーは2.1ch(仮想音源化アンプなし)です。

5.1・7.1ch音源の転送にはHDMI経由が必須になります。(光デジタルは最大値5.1ch)

2つ方法があるかなと思います。

1つ目、WH-L600

無線で魅力的で7.1ch対応。テレビなどでも使えます。

テレビとARC接続します。モニターがARC接続非対応の場合には難しい選択肢になります。

私はTVの音源にもこだわるタチなので、今回もうひとつの案にしました。

2つ目、RX-V585

音に関して国内第1位のAVアンプです。

現在半額まで落ちているのでおすすめ。

アクションゲームモードで超絶高音質でFPS出来ます。

私はいつもバトロワで敵の足音に気づくのが早いです。

こちらは1つ目より高音質が望めますが、ヘッドホンが別で購入する必要があります。

マイク不要ならスピーカーを装着してリアルな7.1chを再現できます。

ちなみに私は映画も見るのでこちらを使用しています。

Sponsored Link

デメリットは無い?

全くありません。

強いて言うならマイクがUSB経由になります。

私は以下を使用していますが、激安ヘッドセットより音を拾いすぎてしまう笑

本来レコーディングなどで使うマイクなのでノイズもなく、オススメです。

まとめ

以上、私が構築した最高の音質環境になります。

プロゲーマー以上かと。

皆さんの参考になればと思います。

是非快適なゲーミングライフを実現してください!

Sponsored Link - Powered by Google.
カテゴリー: Device

2件のコメント

shin · 2019/09/14 9:48 PM

記事を拝読しましたが、質問です。
Mix Amp とps4 は光デジタルケーブルで接続なのですが
その場合はどうなるんでしょうか?

    an · 2019/09/14 10:13 PM

    コメントありがとうございます。
    Ampまで5.1chになるので、それなりにいい音にはなります。ただ、記事で紹介してるようなampとは全くレベルが異なるので、その辺は音にこだわるようであれば我慢になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です