個人開発でWebサービスを作る為の5つ条件

f:id:t-d-0203:20180109001138p:plain

こんにちわ。正月と3連休で完全暇を持て余しているanです。

なんにもしてないのにまた明日から仕事です。

個人開発でWEBサービスを作りたい

そんな折考えていたのですが、勉強がてら何かWebサービスを作りたい。

しかしアイデアが全く思い浮かばない。

どんなWEBサービスを作るか。とりあえず条件をあげたい。

WEBサービスを作るうえで満たすべき私の条件

  1. 需要のあるサービス
  2. 爆発的アクセスなどは無く安定PV数が望めるもの(VPS想定)
  3. ユーザー投稿型のようなDB肥大化の恐れは回避(VPS想定)
  4. VPS費用くらいの広告収入を望めるもの
  5. 出来ればまだない大穴アイディア?

ん~。このくらいか…。条件について次の章から考えてく。

1.需要のあるサービス

f:id:t-d-0203:20180110122009j:plain

WEBサービスを作るからには当たり前だが使ってもらいたい。

需要と供給のバランスがとれるサービスでなければだめだ。

需要のあるサービスとはなんなのか。。

ターゲットをある程度明確にする

年代、性別、職業などだ。

例えば、見習い美容師とカットモデル希望の人をつなぐサービスを作るとする。

その場合以下となる。

  • 年代

 ネットでカットモデルを探すのだから比較的若い。

見習い美容師も若い。

  • 性別

美容師:男女問わず カットモデル:なんとなくだが女性が多い。

このなんとなくを外すと結果が出ないことがある。

  • 職業

美容師・学生・その他

 

と言ったところだろうか。

この結果よりターゲットに受けがいいデザイン等を考える。(これも需要)

需要のあるサービスとはなんなのか

先に記載した美容師とカットモデルをマッチングするサービスは果たして需要があるのか。それはわからない…。必須に近い需要ほどうれしいのだが、、しかし必須と思われるアイデアはそれ故、定番サービスが決まってしまっている。身近で言えばLINEなどだ。

生きてる中でこんなのあればいいのにな。ってのを日々意識するしかないのかもしれない。

既存サービスを元に格差をつける

これが一番簡単かもしれない。先に記載した美容師とカットモデルをマッチングするサービスを例にだす。このサービスは既に存在している。が、多くは手数料などをとるもの。これが嫌だ!って美容師は多いはず。何とか無料化して広告収入にシフトするサービスにしたら需要があるかもしれない。

2.爆発的アクセスなどは無く安定PV数が望めるもの(VPS想定)

これはVPS想定ですが、いきなり爆発的なアクセス等があると負荷に耐えれません。

先に記載した美容師とカットモデルをマッチングするサービスを例にだすといきなりカットモデルや見習い美容師が爆発的に増えることはありませんね。

VPSとはホームページが存在する場所だと思ってください。

www.4liberty.xyz

3.ユーザー投稿型のようなDB肥大化の恐れは回避(VPS想定)

f:id:t-d-0203:20180110121617j:plain

サービスが管理するデータ量の話です。先に記載した美容師とカットモデルをマッチングするサービスだと、例えば見習い美容師の自慢のカット写真をプロフィールに数枚あげるとする。これに制限をつけなければ画像データが肥大化し、多くの美容師を登録できなくなる。これはだめだということです。

4.VPS費用くらいの広告収入を望めるもの

f:id:t-d-0203:20180110121757j:plain

できれば成功するまでは完全無料で使えるサービスにしたいと思う。

成功してきたら有料サービスの導入なども検討して良いかもしれないが最初はまず、これだけ人を集めれるサービスを開発しましたよ!って言えるくらいで良い。なので広告を少し貼るくらいを考えている。いきなり有料サービスを考えている人は以下が参考になるかもしれない。

額に飾る

人が「価値がある」とお金を支払っているものの多くの判断材料は「見た目」でしかない。
例えば大きなコンサートホールで、ある有名なオペラ歌手が歌うチケットは一枚数万円もし、しかもすぐに完売になるが、同じオペラ歌手が薄汚い路地で歌ってみると数百円のおひねりばかり。という実話がある。
どういう事かというと人がその物に価値があると判断しているのは「その物」ではなく、「その物を取り巻く環境」だということ。
サルが描いた絵画も綺麗な額縁に入れて飾るだけで何百万もしそうに見えてしまう。
同じように、普通のメロンも桐の箱に入れてやるだけで何万円で売れてしまう。
(もちろん、そもそもの味が悪ければリピーターは増えないが、そこそこの味であればそれで充分)

引用元:Qiita

5.出来ればまだない大穴アイディア?

f:id:t-d-0203:20180110122124j:plain

と思ったけどこれは二の次でいいかもしれない。なぜなら、アイデアだすのがまず大変だし、個人開発弱小WEBサービスでは大手にアイデアを取られてしまうだけだ。もっといいサービスとして世に出されればそれまでです。例えばLINEの前にすでにViberやカカオトークがあったのをご存知でしょうか。結局は2番手が成功しているんですよね。アイデアはもっと先にあったのに可哀想です。特許まで考えるなら別ですけど特許は時間がかかるらしい。。アイディアは自分が完璧になるまで取っておく!!

 まとめ

だいぶん主観ですがいくつかの書籍や記事をよみ私が大事だと思ったことです。

これをもとにまずアイディアをしぼりだしたい!